テスト投稿(WEBマーケティング)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WEBマーケティングイメージ画像

WEBマーケティングでの戦略と戦術を把握しなければ、結果に至るまでの”費用対効果”や目的と目標がズレる場合がございます。

これは、情報過多によって起きる場合がございます。
あと、無知そして人任せによることも多くございます。
何が正しくて何が正しくないのかを把握するのは”経験”以外ございません。


シンプルに情報を発信して受信していただき目的であるサービスまた資料請求や購買してもらう。
ゴール(目標)へ向かう導線を設計し導くための施策を繰り返し行う。

正解はPDCA(Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)を回しながら繰り返し行ってゆく事の繰り返し。
もちろん期間、費用、そういった背景を加味した実務が不可欠である。
最近のSEO(検索エンジン最適化)の技術的な事よりもバックグラウンド(Google側)での変動により一喜一憂する場面で企業(組織)も同じレベルで対応できなく事業ごと譲渡したり、コンテンツマーケティングと評した戦術へ変化していると感じておりますが、基本的な施術が出来てない部分が多く見られ「あまり変わって無いなぁ…」といった印象でした。

コンテンツも創るコピー文章や訴求力に繋がるクリエイティブな写真やわかりやすい動画など、人々の五感に訴えてゆく力。

インターネットサービスは”無料”っといった認識も多いけども、結局は有限な時間をいった大切なリソースを使用している。

そなわち”無料”では無くその他の仕事(営業や事務作業含む)コストが莫大に掛っている事を経営者や幹部は理解した方が良い。

リスクを取りながら試行錯誤して目的を達成する。

マーケティングの根幹は「集客」すること。

経営を維持、成長する意味でのコアな部分、無料でリターンを得ることなどと思考した段階で目に見えないコストや改善策・お悩み事を解決できません。

最新Webマーケティング2018 ~解説と事例でわかるITの今~ (Web Designing BOOKS)

この記事を読んだ方はこちらも読まれています

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク




コメントを残す