いまさら聞けないWEBマーケティングの基本的な事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「明確なゴールとターゲットを設計する」

大倉山ジャンプ競技場(WEBマーケティング)イメージ画像

(施策の効果指標)

WEBマーケティングのメリットは「数値化」できる事でありとあらゆる改善分析指標となります。

明確な「集客」また「リード獲得」そして「売上数値」

既存のWEBサイトのアクセス解析(例えばGoogleアナリティックス)を分析して改善策を探る。

その項目を上げると

①日々のアクセスUU(ユニークユーザー数)とPVページビュー)

②流入数概要(ダイレクト、リファーラ、検索エンジン経由、ソーシャルメディア経由、など)

③行動フロー(トップページ~料金ページ~実績~運営者プロフィール~お客様の声~よくあるご質問など)

ザックリ閲覧するのは上記3項目です。

そこから明確な目的(お問い合わせ・資料請求・購入)コンバージョンまでの導線を見直します。

その際にコピーライティングやペルソナに沿った文章構成かデザイン・装飾など含め分析します。

ホームページ制作で大事な点が「売れるポイント」をしっかり構成されている、または修正・改善されている部分がキーポイントとなります。

上記の点が改善できなければいくら優れたマーケティング手法も全然活用できません。

目的の「売上アップ」「24時間・365日優秀な営業マン」には達成できない事になります。

ホームページを立ち上げたまたは運用して効果が思うように得れてない方へ是非当社のサービスをご検討下さい。

さまざまな業種・企業のサイト分析や検証をおこない改善そして運用・コンサルティング実績もございます。

成功事例よりも失敗事例に伴い競合他社による差別化や新しい訴求ポイントを魅せる手段をご提案しております。

市場規模調査や競合調査そして現状の成果やギャップを数値で判断し改善・最適化のマーケティングを行います。

 

 

 

 

 

この記事を読んだ方はこちらも読まれています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク




コメントを残す